« マンション管理組合に融資 | Main | カード被害 »

February 04, 2005

がん保険

 外資系を中心に発売されたがん保険も今では、国内各保険会社、損保などから多様な保険が発売されている。保障内容も独自性があり、選択には注意が必要となる。
 多くのがん保険のうち上皮内新生物種のがんには保障が付かないということもある。保障の内容は商品ごとに決められているのでよく理解した上で契約しなくてはならない。
 がん保険と医療保険は、重ねて保障される。死亡原因のトップはがんだが、現在では生活習慣病、脳卒中、糖尿病、心疾患、そしてがん、まとめて保障する保険もあるので検討する選択肢は広くなった。

|

« マンション管理組合に融資 | Main | カード被害 »

「リスクと保険」カテゴリの記事