« 雪で元気になった? | Main | 想定内? »

January 22, 2006

投資物件

 最近は投資向けの物件情報がにぎやかになった。今日も川崎繁華街の中古ビルを見てきた。土地は43坪と小さいが利回りが10%と悪くない。しかし、物件を見て即座に首をひねる物件だった。
 利回りで魅力ある物件でも、長期での運用を考えると、やはり土地の相場や、建物状態を吟味して意思決定しなくてはならない。昭和63年に建てられたこの物件も、経年でかなり傷んでおり、購入後に大規模な改修を余儀なくされる。1階は店舗が二軒、2階から5階までが住居、駅から近いが住環境は良いほうではない。ワンルーム中心だからその辺は利便性を考えれば納得がいく。問題は店舗、間口が狭く表通りに面しているのは一店舗で、もう一店舗は共有通路を通った奥にある。スナックか何か夜の商売だろうと思われた。
 投資物件、利回りも大事だが、やはり土地相場と再調達価格の査定がもっと大事だ。いずれ、建てなおすことも考えると、立地と地形からこの物件は投資には向かないと判断した。

|

« 雪で元気になった? | Main | 想定内? »

不動産運用設計」カテゴリの記事