« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

April 27, 2011

支部長落選

昨日の支部総会で井手さんが新支部長に指名されましました。力及ばず支持をいただき、応援していただいた会員の皆様に御礼申し上げるとともに、お詫び申し上げます。

負け惜しみではなく、どこかにほっとしている自分がいます。

仕事に集中します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2011

いよいよ明日は総会

 支部長選に立候補している横浜支部の総会が明日開かれる。現執行部にいながら現執行部を批判して立候補した人との対決だ。よほど腹にすえかねての出馬だろうが、執行部であれば少々の対立、執行部に問題があれば内部で解決できたのではないかと思う。あえて、悪口を言い放って立候補する必要があったのかどうか。

 よく総会では大声で執行部に物申す人がいるが、だいたいが批判のための批判で、前向きな代替え案をもっている人は少ない。人のやったことを批判するのは簡単だが、いざ自分がリーダーや役職になったとき、大きなビジョンをもってここの課題をこなしていくことは難しいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2011

NPO MUG総会

NPO MUGの総会が銀座区民会館で開かれました。遠くは岡山から、被災地福島からも駆けつけてくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2011

中古住宅の間取り

中古住宅の売却を依頼された。依頼者から建築図面を預かった。てっきり図面通りに立ち上がっているものと思い込んでいたが、確認のため現地に行くとかなり違っていた。

35年前に建築されたこの建物は、当時検査済証を取得する必要もなかったのか、依頼者が任意に間取り変更、設備変更をしたものと思われる。

販売前に判明し、販売図面に反映できてよかった。はんばい図面には、現況を優先する旨を記載するが、その範囲を超えていると判断した。

販売開始前においては、依頼者の言葉を鵜呑みにせず、きめ細かい調査がなにより大切だと改めて肝に命じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2011

支部長選その後

7日に新役員候補を前に候補者が所信表明をした。一方は現執行部の一員であるが、現執行部に不適切な予算執行があると、現執行部の批判に終始した。

片一方は横浜支部の規模から、全日全体に与える影響力は大きく、だからこそ模範になる運営が求められると。真摯に会員の権益擁護と社会への貢献を目的とした事業計画が必要と主張した。

執行部内の問題は、執行部の自浄作用で解決すべきで、自浄能力のない執行部はそのメンバー全員に責任がある。現執行部の批判に終始する候補者の目的は、どうやら現執行部の退陣にあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

支部長選その後

7日に新役員候補を前に候補者が所信表明をした。一方は現執行部の一員であるが、現執行部に不適切な予算執行があると、現執行部の批判に終始した。

片一方は横浜支部の規模から、全日全体に与える影響力は大きく、だからこそ模範になる運営が求められると。真摯に会員の権益擁護と社会への貢献を目的とした事業計画が必要と主張した。

執行部内の問題は、執行部の自浄作用で解決すべきで、自浄能力のない執行部はそのメンバー全員に責任がある。現執行部の批判に終始する候補者の目的は、どうやら現執行部の退陣にあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2011

支部長という重職

支部長に立候補して、有力者の応援を頂こうと挨拶回りをした。それぞれの思いを聞くにつれ支部長とはかなり重い職責だと痛感した。

人事がそのひとつだが、いままでの体制に不満を持っている人たちの意見は、いままでの体制を全否定して欲しいという。支部長になって何をやるかを考えれば欲しい人が旧体制の中にもいる。

有力者の意見は聞いたが、人事は別のベクトルで考えようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2011

使いにくいもの

世の中には「使いにくいもの」がある。人にとってはそうでもなくても、自分にはどうしても使いにくいと感じるもの、「人」もその範疇にいる。

組織にいると、あるスタッフの使い方が難しかったり、わからない時は、使うことを諦めてしまう。道具に置き換えると、例えばパソコンも、始めから拒否反応を示す人はたくさんいる。反対に思う存分使いこなして大きな成果を得ている人もいる。

最初から得手、不得手を決めつけることが多く、使うことによって得られる成果にはさほどの興味はないのかもしれない。

気難しそうな人を、うまく使いこなすには、その人を使うことによって得られる効果を計り、使いこなして大きな成果を得ようとする強い意欲が、先ずは必要ではないか。

道具であれば、それぞれに使い方がはっきりしている。のこであれば木を切る、カナヅチであれば釘を打つためというようにだ。人については取説が付いてるわけではないので困る。釘を打ちたいのにどうしてもノコギリじゃなくては嫌だと駄々をこねられたりする。

げに人を使うとは難儀なものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »