« 支部長という重職 | Main | 中古住宅の間取り »

April 11, 2011

支部長選その後

7日に新役員候補を前に候補者が所信表明をした。一方は現執行部の一員であるが、現執行部に不適切な予算執行があると、現執行部の批判に終始した。

片一方は横浜支部の規模から、全日全体に与える影響力は大きく、だからこそ模範になる運営が求められると。真摯に会員の権益擁護と社会への貢献を目的とした事業計画が必要と主張した。

執行部内の問題は、執行部の自浄作用で解決すべきで、自浄能力のない執行部はそのメンバー全員に責任がある。現執行部の批判に終始する候補者の目的は、どうやら現執行部の退陣にあるようだ。

|

« 支部長という重職 | Main | 中古住宅の間取り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 支部長選その後:

« 支部長という重職 | Main | 中古住宅の間取り »