« MUG NEWS vol.4発行しました | Main | 支部長という重職 »

April 03, 2011

使いにくいもの

世の中には「使いにくいもの」がある。人にとってはそうでもなくても、自分にはどうしても使いにくいと感じるもの、「人」もその範疇にいる。

組織にいると、あるスタッフの使い方が難しかったり、わからない時は、使うことを諦めてしまう。道具に置き換えると、例えばパソコンも、始めから拒否反応を示す人はたくさんいる。反対に思う存分使いこなして大きな成果を得ている人もいる。

最初から得手、不得手を決めつけることが多く、使うことによって得られる成果にはさほどの興味はないのかもしれない。

気難しそうな人を、うまく使いこなすには、その人を使うことによって得られる効果を計り、使いこなして大きな成果を得ようとする強い意欲が、先ずは必要ではないか。

道具であれば、それぞれに使い方がはっきりしている。のこであれば木を切る、カナヅチであれば釘を打つためというようにだ。人については取説が付いてるわけではないので困る。釘を打ちたいのにどうしてもノコギリじゃなくては嫌だと駄々をこねられたりする。

げに人を使うとは難儀なものだ。

|

« MUG NEWS vol.4発行しました | Main | 支部長という重職 »

「協会の事情」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28841/51287772

Listed below are links to weblogs that reference 使いにくいもの:

« MUG NEWS vol.4発行しました | Main | 支部長という重職 »